鉄板焼きの料理として作る焼きそば

###Site Name###

鉄板焼きの食材の中で、麺類は不変的な人気を集め、屋台の料理としても人気を集めています。

家族の楽しみとしては、バーベキュー場で焼きそばを作ることもあり、魅力は様々な世代で語り継がれています。
ところが、実際に作る場合には、麺が鉄板にくっついてしまうことも多いために、上手に仕上げるにはコツも必要になってきます。
鉄板焼きの仕上がりを左右するのは、鉄の手入れ加減によるものですから、サビが付いているようでは困ったことになります。

使い始めの段階では、時間をかけて空焼きをして、青色が特徴の酸化皮膜を作っていきます。


こうすることで、油が鉄板によく馴染むようになり、麺を炒めても簡単には付着しないようになるわけです。



何度も使い込む段階で、油が完全に馴染むようになれば、テフロン加工のフライパンにも負けないほどに使いやすくなります。

実際に焼きそばを作る段階では、よく熱してからは油を馴染ませて、肉やキャベツを入れてからは余計な水分を飛ばしていきます。
麺を加えてからもよく馴染ませて、ヘラを使いながら油が均等に行き渡るようにします。


鉄板焼きのヘラは大変に便利な道具で、力がない人であっても焼きそばの麺を混ぜることが容易で、大きなお好み焼きを簡単にひっくり返すこともできます。

日比谷の鉄板焼きを知るならこのサイトです。

強力な熱で炒めてからは、焼きそばが見事に完成しますが、野菜の余計な水分が残りにくいのも魅力です。

強力な熱で焼き上げることで、適度な焦げ目が麺に付くため、パリパリとした食感までも楽しめます。

産経ニュースについての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。